{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

オーガニック琉球藍 100g

Last 1

7,480 JPY

About shipping cost

琉球藍は、キツネノマゴ科イセハナビ属の植物で古くから沖縄で栽培されて きた歴史ある天然染料です。 土壌に恵まれた沖縄県の北部、本部町伊豆味で昔ながらの藍農家さ んの手で丹念に育てられています。そこから厳選され収穫された良質な原料 を県内、ご使用されるみなさまの目の届く距離で、独自ノウハウを用いた加工(特許取得済み第5733669)から商品化まで行っています。 琉球藍の最大の特徴としては頭皮に対する刺激がほとんど感じられないこと です。(安全性試験済) 人間が呼吸をすると、体内に「活性酸素」ができ、体内の細胞に損傷 を与えて癌の原因になったり、シミ・シワといった老化引き起こした りします。活性酸素は、外的ストレスやタバコなどでも生じ、その過 剰になった活性酸素を減らすことを「抗酸化作用」と言います。 琉球藍で白髪を染めつつ、頭皮から老化を防ぎましょう!! 琉球藍の使用方法 必ず琉球ヘナの施術後におこなう。 (当日もしくは翌日におこなう) 琉球藍単品では黒・ブラウン系に発色しない。 1 琉球藍ペーストを塗布の直前に作る。 (時間が経つと染まりが悪くなります) 白髪の部分・髪の長さ・量にあわせて分量を決める。 50 度以下のお湯または水を琉球藍の分量の 3~4 倍用意する。 泡立て器で混ぜ、マヨネーズぐらいの硬さにする。 2 髪を濡らす。 整髪料やリンス・トリートメントが多量についている場合はシャンプーをする。 3 ペーストを頭皮・髪に塗布する。 白髪の多い部分は少し多めに塗布する。 乾燥を防ぐため、先に生え際、襟足はラップで密着させてもよい。 地肌にしっかりと刷り込み、密着させる。 手袋をして手で塗布しても、刷毛を使ってもOK。 4 ラップをまいてタオルターバンをし、80 分~90 分放置。 乾燥してしまったり温度が低い場合は染まりが悪くなる。 夏場のエアコンの風は要注意。密着が悪い場合も同様。 冬場など室温が低い場合はラップの後、ドライヤー等で 3 分ほど頭部を温める。 5 時間がきたらお湯で流す。 シャンプーの必要はなし。発色を促すためお湯のみ流しを推奨。 注意 顔や首に着いたヘナペーストはなるべく早めにふき取ってください。 皮膚が染まることがあります。

Sale Items